スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

予想なんかをやってみる 

11/3,4のお休みは基本的にはテレビでスポーツ観戦ということで、3日は剣道の全日本、4日は全日本学生駅伝を眺めていました。

基本的には身体を動かすのは好きなうえに、長距離が得意だった(これは本当)ので3大駅伝はちゃんと見る方なんですが、まあ気の早い来春の箱根駅伝予想なんかをやってみようかと思います(唐突だな~)

ということで、私の予想は

本命 無し

対抗 駒沢大学,日本体育大学

穴 東洋大学,早稲田大学

これは外せない(馬券ならとりあえず買っておくに近いもの)
順天堂大学 

いい加減にしろと言われそうなものなんですが、今回は本当に本命不在な大会になると思います。まあ上記6大学を上げた理由を書いていきましょう。


駒沢大学:選手全員がちゃんと走れる。全日本でも実力は証明されているけど、山登りがいないので、本命とは言えない。ただ、一番優勝に近いのは間違いない。

日本体育大学:駒沢とは逆の理由で、5区に北村聡がいるのは、なにを置いても安心できる。ただ、10人で走ることを考えると本命とは言い難い。

東洋大学:昨年の5区がなければな・・・という印象の大学。実際復路まで選手が揃っていることを考えれば、本命不在で初優勝もあるのでは?という期待値も込めて。

早稲田大学:エース竹沢健介と昨年も5区を経験している駒野亮太がいるのはなによりも強い。ただ、どちらかがこけるとそのままズルズル落ちていってしまうかもしれない。

順天堂大学:監督自ら「戦力ダウン」を公言しているものの、箱根駅伝が本格化してからの成績は図抜けている(参加年数を考えれば、5年に一度、単純計算で優勝を経験しない世代がほぼ無いのは異常ともいえる)ことを考えると、調整力は抜群。トップにたったら知らないうちに後ろとの差が開いていきそうな予感がする。

といったところですね、基本的にはエースがいるか、特殊区間に強い選手がいるか、10人の総合力があるか、の3点を考えてなんですが、さてさて、どんな大会になるか楽しみですね。
スポンサーサイト

[2007/11/06 01:26] 些細な日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toyoshimalab.blog62.fc2.com/tb.php/178-12508f8c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。