スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さあ折り返し 

なんとか研究は折り返しを迎えた感じです。
というと、残り少ないこの時期にやっと半分かよと言われそうですが、要は実験結果がほぼ出揃ったという意味で、後は修士論文や、研究発表のためのデスクワークということです。
もちろん実験が終わるわけではなく、洗い直したもののやり直しや、お試し実験などもあるので、結局修士の学位を貰ってはじめてお終いということなんですけどwwwwww
それ以上にボスからは、修論なんて適当に書いておけばいいから、はやく論文(もう一報)を書けとせっつかれています。

で、出てきた結果を実際にまとめてみると、慣れの偉大さを改めて感じてしまいますね。最初はバラバラだった結果が、最後の方に行ったものは、思わず「アサヒった?←これは正しい使い方」と言いたくなるくらいに揃っていたり、取ってみた写真がフォトショップで加工する必要が無いくらいのものだったり(論文投稿した協会から「生データーを見せてくれ」(審査のため生データーは必要なしだったので)と言われてしまったwww)しています。

そんな状況になっているので、この頃は基本的に学生居室でデスクワークなんですが、こうなるとお友達はニコニコ動画になってしまいます(をぃ)。特に現代用語にもなった「初音ミク」ですね(マテ)。
最初は特にどうでもよかったんですけど、「長渕剛の乾杯を初音ミクに歌わせてみた」を興味本位で叩いたのが最後でした。
誰もいない居室で一人大爆笑して、ボスから「ついに壊れたか?」という視線を浴びてしまいました。

しかし、最初は違和感があったミクの声が普通に耳に入るのも、慣れなんでしょうかね。これはあんまり慣れては欲しくないものですけど。
スポンサーサイト

[2007/11/16 12:20] 研究生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toyoshimalab.blog62.fc2.com/tb.php/179-cd50166b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。