スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

怒りを通り過ぎると呆れ、呆れを通り過ぎると・・・ 

今日のは読んでいて気分のいいものでは無いのは自覚していますが、あまりもののことに限界を超えてしまいました。
まあ読んでやるよという人は追記の方からお願いします。
人間、怒りを超えると呆れになるのが普通みたいですが、この呆れを通り過ぎると何になるか・・・私の場合純粋な殺意にしかなりません。

まあこんな状況になった経緯を書いていきましょう。

私の学部時代に所属したサークルが今年度で創部10年目を迎えることで、ささやかながら記念式を行うことになったのは、前にも述べたことがあるんですが、結局何故かこの式の幹事は私・・・なんで、引退して東京にもいない人間が幹事を勤めなくてはいけないのか意味不明でこの時点で怒り半分といったところ。

さて、とりあえず会場をおさえて、参加者に招待状の送付。現役には各学年の代表者に送付して学年全員の出欠確認をするようにする。なお、返信期日は1/28に設定

で、本日来たメール

「会費が高いということで参加者が少なくなりそうです・・・」

???未だかつてこんなにストレートに、先輩を舐め切った返答をした人間を見たことがありません。
基本的にこのような式の場合、現役が全額支払い、OBはお祝いという形で諭吉さんを置いていくのが慣例のはず。というよりも今までの納会とかでも同様のことをやっていただろうに・・・

勿論、経済的理由で、金額がキツイならその旨を幹事に説明した上で判断を待てばいいのですが(実際に同期に一人いて、部費の半額免除及び、返還金の受け取り優先といったことをしていましたし)、このようなことは一切せず、一言上述の返答をするのみ・・・
さすがに呆れました。呆れて思わず涙が出ました。

とりあえず、何名出席かを確認したところ3名/12・・・おいおいほぼ全員欠席かよorz
この時点で呆れを通り越し、純粋な殺意しか残りませんでした。

そもそも、この式はいったい誰の為のものなのか、何故執り行うのかを全く考えていないからこその返答なんでしょう。

この式を執り行う理由は、10年目という節目を向かえて、今後の更なる飛躍となかなか会えない先輩と会談し人間関係の強化を図ること、つまり式を執り行う理由は、誰でもない現役部員のためのものなのです。

まあ、こういうことが分かれば、上記のような返答はないんですけどね・・・

余談ですが、同期は即答で全員参加になりましたが(3人学生、1人社会人)、会費に関しては妥当という返答でした。

最悪の方法として、所詮にお詫びを入れて、私達の代との食事会ということも視野に入れてはいます。
しかし、ゆとりってやつは本当にダメですね。
スポンサーサイト

[2008/01/22 01:52] 些細な日常 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toyoshimalab.blog62.fc2.com/tb.php/196-b7deac05


【招待状】についての検索結果をリンク集にして…

招待状 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…
[2008/01/22 03:40] URL あらかじめサーチ!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。