スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

唖然・・・ 

神戸大 遺伝子組み換え大腸菌流しに廃棄


だそうです。

私も一応ですが大腸菌を使っていますのでちょっとビックリしたニュースでした。
私のモノは遺伝子組み換えなどはしていない普通(?)の大腸菌ですが、それでもクリーンベンチのなかで実験をやったり、終わったらオートクレーブで加熱殺菌して廃棄するように指導は受けていましたが・・・まさかそのまま流しに廃棄するなんて・・・

ただ、このニュースで一番気になったのは、「加熱処理して菌を死滅させる機器(多分オートクレーブ)は実験室に3台あるが、ほとんど使われていなかった」とあるんですが、植菌の前段階でこの課程をするはずなんですが(私の場合お金がないので、自分でやっているだけですが)・・・オートクレーブ済みの寒天培地使っていたんですかね(まあそうでしょうけど)?いや~やっぱり、神戸大クラスのそれを専門にしている研究室はお金持っていますね(まあ私の研究室が試薬には糸目をつけないのと同じことか?)。

それにしても、全学で実験の停止ということには、またビックリしました。
スポンサーサイト

[2008/04/15 00:05] 研究生活 | TB(0) | CM(2)

こんばんは。ブログ訪問者の足跡から飛んできました。自分も大腸菌扱ったことがあるのでこの問題は見過ごせませんね。

やはり滅菌済の寒天培地を業者から購入して使用していたのでしょう。寒天を溶かしてオートクレーブかけて冷ます手間を省くために。それ自体は悪くないですが実験に使った大腸菌をそのまま下水に流すのはダメですよね。滅菌の時間まで削るのはもってのほかです。
[2008/04/15 21:39] 生肉 [ 編集 ]

>生肉さん
コメントありがとうございます。

私も「滅菌はちゃんとやれ」は耳にタコが出来るくらい言われました。確かにオートクレーブ自体は結構時間がとられるのは理解していますが、
実験終了→廃棄物まとめてオートクレーブへ→スイッチON→加熱殺菌修了まで他の片付け→余った時間はマッタリと→加熱殺菌終了を確認→帰宅(冷却は終夜で)→朝一で回収、廃棄
の流れにすれば時間をとられることはないと思ってしまうんですが、これは専門にはやっていない人間の意見なんですかね?

しかし、この研究室は他にも問題があったみたい(廊下で培養etc)で、今まで出してきた論文の信憑性が甚だ疑問です。
[2008/04/16 11:00] とよしま [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toyoshimalab.blog62.fc2.com/tb.php/208-4831baa4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。